この原稿は「DevRel Advent Calendar 2017」の18日目の記事です。

前項では、コミュニティデザインの実際の実行フェーズについて記述しました。 今回は、コミュニティサポート担当者 (DevRel担当者、コミュニティマネージャーなど) が気をつけたい項目について記述します。

この原稿は「DevRel Advent Calendar 2017」の17日目の記事です。

前項では、コミュニティデザインの最初の計画について記述しました。 今回は、計画に基づく実行フェーズについて記述します。

  • コミュニティデザインの実行
    • コミュニティサポートのための体制づくり
    • コミュニティサポートのサイクル
    • 6つのサイクル
    • 小さなサイクルから大きなサイクルへ
    • KPIの設定

この原稿は「DevRel Advent Calendar 2017」の16日目の記事です。

昨日は「コミュニティ」、そして「コミュニティデザイン」について考えてみました。 今回は、実際にコミュニティマーケティングを行い、ユーザーコミュニティをサポートするための準備として考えたことをまとめてみます。

  • コミュニティの「形」を考える
    • プロダクト・サービスのメリット・哲学を整理する
    • 「誰と」コミュニティを形作るかを考える
    • コミュニティを通じて、参加者が得るメリットを整理する
    • コミュニティの理想の状態を具体的に想定する
    • 理想的な状態を作るための具体的な方法を考える

この原稿は「DevRel Advent Calendar 2017」の15日目の記事です。

数回に分けて、「コミュニティデザイン」のプランと実践、と題して、ビジネスコミュニティ・コミュニティマーケティングに関する記事を書いていきます。

自分は数年に渡って、属する企業のサービス・プロダクトのユーザーコミュニティの立ち上げや支援に携わってきました。 この数年の仕事を棚卸しする意味で、これまで考えたことや、経験したことを体系的にまとめておこうと考えました。

この原稿が目指すところ

ビジネスプロダクト・もしくはサービスを展開している企業のコミュニティ担当者への知識・情報共有。 コミュニティマーケティングの手法を使って、利用者・導入者と共にユーザーコミュニティを形作りたいと考えている方に、参考になれば幸いです。

この原稿は、「自社プロダクト・サービスを利用するユーザーコミュニティを支え、サポートする企業担当者」という目線からの記述となります。 あらかじめご了承ください。

この記事は「DevRel Advent Calnedar 2016」の16日目です。

DevRelとは「Developer Relations」の略です。この言葉自体、さまざまな領域や仕事をカバーしている言葉ですが、同義語で語られる言葉として「Eangelist」(エバンジェリスト)、という肩書があります。

この2つはどう違うのか、ちょっと考えてみました。

(以下、所属する企業や団体とは一切関係ない、個人的な見解となります。)

映画「聲の形」を観に行きました。

koenokatachi.png

原作未読、かつ何の前情報もなしに観に行きました。

言葉にならない衝撃を受けました。あまりに素晴らしくて、3回観に行きました。おそらくあと何度か観に行きます。ここ数年の洋画や邦画を全部含めても、ベストワンの映画です。

せっかくなので、映画の感想記録を残しておきます。多少ネタバレあり。

趣味の日曜プログラムシリーズ・kintoneを利用して、プロ野球のニュースを集めるアンテナサイトを開発する試み。

前回は、野球のニュースサイトのフィードURLをkintoneに保存して、API経由で取得するまでを行いました。

今回は、野球ニュースサイトから記事のデータを取得して、新着記事だけをkintoneに自動的にPOSTしていく仕組みを作ります。