この記事は「DevRel Advent Calnedar 2016」の16日目です。

DevRelとは「Developer Relations」の略です。この言葉自体、さまざまな領域や仕事をカバーしている言葉ですが、同義語で語られる言葉として「Eangelist」(エバンジェリスト)、という肩書があります。

この2つはどう違うのか、ちょっと考えてみました。

(以下、所属する企業や団体とは一切関係ない、個人的な見解となります。)

映画「聲の形」を観に行きました。

koenokatachi.png

原作未読、かつ何の前情報もなしに観に行きました。

言葉にならない衝撃を受けました。あまりに素晴らしくて、3回観に行きました。おそらくあと何度か観に行きます。ここ数年の洋画や邦画を全部含めても、ベストワンの映画です。

せっかくなので、映画の感想記録を残しておきます。多少ネタバレあり。

趣味の日曜プログラムシリーズ・kintoneを利用して、プロ野球のニュースを集めるアンテナサイトを開発する試み。

前回は、野球のニュースサイトのフィードURLをkintoneに保存して、API経由で取得するまでを行いました。

今回は、野球ニュースサイトから記事のデータを取得して、新着記事だけをkintoneに自動的にPOSTしていく仕組みを作ります。

2016年の目標をたてる

ここ2年ほど、新年の抱負や1年間の目標を宣言していませんでした。

久々に1年間の抱負・目標を立てたくなったので、メモがてら。

2016年の抱負は

「日々を有為に過ごす。気に臨み変化に応じる。」です。

伊藤穰一さんが、かつてロフトワークの林さんとの対談で「予測しない、実践する」という考え方を説いていました。

自分の考えがここまで変わっているかどうか、自分でも定かではないですが、「未来を予測しようと思っても予測なんてしきれない」と思い始めているのは事実です。

未来に起こりうるリスクを恐れて、回避を想定しようとしても、全部のリスクを予想しつくすことはそもそも不可能だろう。であれば、未来の自分を心配するより、なにが起きてもその場に応じて対応できるように、日々自分を研鑽して準備するほうが良い、と思うようになりました。

今年の抱負は、そんな思いを文章化してみました。

前回の記事では、「kintone」を利用できるようにするまで進みました。

今回は早速kintoneでアプリ構築...と行きたいとことですが、まず最初に、野球ニュースのアンテナサイトのひな形サイトを構築します。

アンテナサイトを構築する場合、フィードを登録してマージするシステムが必要となります。

今回は、phpのライブラリ「SimplePie」を使って、フィードのパースを行います。

近頃(2015年12月現在)、自分の周りで、サイボウズさんのサービス「kintone」の話題を聞く機会が増えました。

いろいろな人のお話を聞いているうちに、自分でも少し触りたくなってきました。

ただkintoneのアカウントを作って触るだけ...は、つまらないので、ちょっとしたサービスサイトを開発してみることにしました。(大人の自由工作的なノリで)