タグ「Movable Type」が付けられているもの

ブログを3つに分けました

数週間前から、ブログを3つに分けました。

今までのトップページは、3つのブログの更新情報まとめページとして作り直しました。

複数ブログをまとめて管理するのは、Movable Typeの得意技です。MTだとマルチブログが簡単に作れますね。(ステマ)

構成は以下のとおりです。

MTCafe 2013 Springのお知らせ

MTCafeを開催します

MTCafe 2013 Spring を開催します!

今回は、主にウェブ制作者、ウェブシステム開発者向けに、Movable Type (以下MT)の使い方、カスタマイズ、そしてMTを使った制作業務、ウェブを考える上で切り離すことができない技術について、勉強会として開催します。

Movable Typeユーザーの方、Movable Typeを仕事で使っている方。

Movable Typeは使っていないけど、CMS全般に興味がある方。

普段、ウェブ制作、ウェブ開発を行っている方などなどを対象とします。

ぜひご参加下さい!

MTCafe Tokyo

MTCafeとは

MTCafeとは、Movable Type (以下MT) ユーザーのオフ会です。

  • 仕事でMTを使っている方
  • 個人のブログでMTを使っている方
  • 以前にMTを使っていた方、あるいはこれから使ってみようと思っている方

MTに興味をお持ちの方なら、どなたでも参加できます。気楽に、お茶を飲みながら情報交換して、交流を深めるオフ会です。

詳細はこちらをご覧ください

今回は「勉強会」方式です

会議室を2つ使い、ウェブ制作やシステム開発を中心としてしている方を対象に、

  • メイン会議室
    • MTのカスタマイズについて、技術的な視点を交えながら、実践的なカスタマイズ、設定などの内容で進めます。
  • サブ会議室
    • MTと関連のある、制作業務・関連技術に関する内容で進めます。

という切り口で、MTの使いこなしと、制作・開発に関するTipsを交えて進めたいと思います。

終了後、市ヶ谷近辺で懇親会を開催します

飲み会

MTCafe終了後、懇親会を開く予定です。MTCafeのみの参加でも、懇親会のみの参加でも結構ですし、もちろん両方参加でもかまいません。

懇親会については、参加募集ページで同時募集していますので、お気軽にご登録ください

以下、イベントの詳細です。全然怖くないイベントですので、初めての方もぜひご参加お待ちしております!

Amazon Web Serviceで、Movable Type + nginx + PSGI で、環境構築した時のメモ書きをシェアします。インストールに当たっては、MTのwikiを参考にしています。なお、事前にCPANの必須モジュールがインストールされており、Apache+CGIでMovable Typeが動作している前提としました。

ディストリビューションはAmazon Linuxを利用してみました。

MTDDC 2012終了しました

Movable Type ユーザーのカンファレンス、「MTDDC 2012」が、8月4日に東京・品川の日本マイクロソフト(株)で開催されました。僕もスタッフとして参加しました。ご参加の皆様、お疲れ様でした!

IMG_0164

MovableType.jpに、詳細なレポート記事が公開されていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

MTDDC 2012を開催しました

Movable Type 5 用のテーマ「CreamBurn」を公開しました。Creative Commons ライセンスで配布されています。CCライセンスの元、個人・商用問わず、ご自由にお使いください。

CreamBurn

小規模のビジネス・個人向けウェブサイト、ブログを作る際、カスタマイズ用のベース素材として使われることを念頭に作成しました。初期状態ではダミー文章が含まれています。適宜カスタマイズの上、ご利用ください。

Movable Typeユーザーのゆるーいオフ会、「MTCafe」が終了しました。 ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます!

今回も、とても楽しかったです。 参加したみなさまのライトニングトークがバラエティに富んでいて、非常に参考になりました。

僕は仕切りと運営に徹したため、写真などは全然取っていないのですが、数名の方がオフ会参加レポートを書いていただいているので、どうぞそちらもご覧下さい。

movabletypeのゆるいユーザー交流会!第二回MT Cafe東京へ行ってきました。

MTCafe Tokyo終了

前回では、nginxのインストールと起動までを行いました。
今回は、nginxでCGIを利用できるように設定します。
Apacheと違い、nginxは初期状態ではCGIが扱えません。独自にデーモンを立ち上げて、CGIファイルのリクエストがあったら、そちらに処理をさせる必要があります。このため、いくつかの作業を行います。

nginxでCGIを動かすノウハウはまだ情報がまとまっておらず、様々なwikiやブログにそれぞれの方法で点在しています。そんな中で、個人的に一番参考になったのは、以下の情報でした。

Nginx and Perl-FastCGI on CentOS 5

以下、上記の情報を参考に設定を行います。今回の作業は、概ね以下のような内容になります。

  • Perlインストール
  • FastCGIのデーモン作成、起動
  • nginxの設定ファイル編集、再起動
  • CGIのリクエストをFastCGIデーモン経由で処理、Perlを実行して結果をnginxに戻す

前提条件

今回の作業を行うにあたって、サーバーなどの状態は以下のとおりとします。

  • サーバー名
    • example.com
  • 公開サイトのドキュメントルート
    • /usr/share/nginx/html/
  • CGIの待受ポート
    • 8999

nginxをインストールする

前回の続きです。今回は、NginXのインストール、起動までを記述します。

nginxとは

作業の前に、nginxについて軽く触れておきginXとはnginxとは、ロシアの企業(Rambler)が開発した、軽量・高速のウェブサーバーです。ウェブサーバーとして最もシェアが高いApacheに比べて、静的htmlの書き出しなどが高速なため、大規模なアクセスがあるウェブサイトに使われ始めています。

Netcraft社の調査によると、2012年3月現在、nginxはApacheについで第二位のシェアを獲得しています。

nginx_share

今後、シェアの増加が予想されるウェブサーバーの一つといえるでしょう。

(余談ですが、数年前に「Lighttpd」がYoutubeに採用されていることが一部で話題になりました。Apacheが高機能で巨大になっていくと同時に、Lighttpdやnginxのような「軽い」ウェブサーバーを求める人が増えている、という事情があるかもしれません。)

最近、とあるいきさつで、Amazon Web Services(AWS)を触り始めました。

個人でアカウントを取得して、いろいろと遊んでいるのですが、これが想像以上に面白い。

勉強用に契約していたVPSサーバーを解約し、これからAWSでいろいろと技術的な勉強をしてみようかな、と考えております。

aws_console

せっかくですので、何回かに分けて、Awazon Web Service(AWS)に、NginXをウェブサーバーとしてMovable Typeをインストールするまでのメモ書きを残しておこうと思います。
やることは、

  • AWS(AmazonEC2)をセットアップする
  • NginXをインストール、CGIが利用できるようにする
  • Movable Typeをインストールする

 

の3つです。

今回は、AWSについてちょっとだけご紹介します。

 

MTCafe Tokyo 開催のお知らせ

昨年12月に行った、Movable Typeユーザーのオフ会「MT Cafe」。
予告通り、今年も行います。今年は4月7日(土)開催です。

申し込みはこちらからどうぞ!

今年は、以下のような流れで行います。

  • 前半...雑談+ライトニングトーク(ショートプレゼン)。お題は「自分がMTで作ったサイト・ブログ」
  • 後半...市ヶ谷の外濠公園へ移動して、プチ花見散歩

前回同様、最初は市ヶ谷の会議室で、情報交換+雑談会で行います。

今回は、みなさんがプライベート、もしくは仕事で作ったMTのサイトをご紹介いただく、ライトニングトークの時間を作りました。

個人的なブログでもOKですし、仕事で作ったMTのサイトでもOKです。

「こんなところを工夫しました」

「こういうところが大変でした(MTもっとがんばれ)」

など、ご自身の経験、思い出、あるいは自慢のハックと共に語ってください。

前半終了後は、JR市ヶ谷駅まで徒歩で移動し、外濠公園の桜を見ながら、プチ花見をしようと思います。

途中のコンビニでビールなどめいめい買って、ほろ酔い気分で春の桜を愛でましょう。

20-30分ほど、桜の合間を移動しつつ、JRの駅で解散、を予定しています。

(本格的な花見をしたい方は、各自レジャーシートなどお持ちの上、各自でお花見をしていただいても結構です。事務局では、本格的な花見の準備は行わないため、あらかじめご了承ください。)

以下、開催の詳細です。

ブログのデザインを変えました

先日、ブログのデザインを変更しました。

前回ブログのデザインを変えたのは、2008年の夏ですから、ちょうど3年ぶりです。

(ブログを始めてから2008年頃までは、WordPressのデフォルトテーマを使っていました。元々はWPユーザーだったのです。)

今回は、Movable Typeのプラグイン・テーマ配布サイトから「Scale」を選びました。

scale_page

Scaleはこちらからダウンロードできます

ついでに、スマートフォンにも対応させました。

scale_smartphone

手前味噌になってしまい、大変、大変、恐縮なのですが、数年ぶりに書籍執筆に参加をさせていただきました。

前回は MODX の本。今回はMovable Typeの本です。

MovableTypeによる実用サイト構築術
MovableTypeによる実用サイト構築術 ウェブシステムとしての活用ノウハウ MT5/5.1対応 (Books for Web Creative)

内容は、 「MTを利用して、現実にウェブ制作の現場で起こりそうな案件を、どう構築していくか」 にフォーカスしています。

出版元は、技術書籍の版元として評価が高い、 技術評論社 様です。

今年の1月に、とある事情で前職を退職し、3ヶ月ほどのニート生活を送ってきました

このほど、とあるご縁があり、シックス・アパート株式会社に入社することになりました。

就業日は4月11日からとなります。

いろいろとご心配をいただき、お声がけをいただいた皆様には、御礼申し上げます。

  • 商用CMSの企画・開発営業
  • 携帯キャリアの広告代理店(CMSを利用した携帯サイト作成)
  • ウェブ制作会社で、CMSを利用したウェブサイト構築
  • オープンソースCMSのコアメンバー

と、CMSに関わり始めて、はや9年。

引き続き、頑張ります。

今後とも宜しくお願い致します。

久々にMTネタです。内容はタイトルの通りです。

たまたま表示の必要があって調べたところ、MTにおいては

「検索結果 全7ページ中 5ページ目を表示」

と表示する機能はデフォルトで備わっておりますが、

「検索結果 全95件中 21-40件目を表示」

という、いかにも需要がありそうな表示を実現するタグ類は有りませんでした。

同じように悩む人もいらっしゃると思ったので、サンプルコードを記述します。

<mt:Ignore>○件中 ○-○件 表示のための変数取得 </mt:Ignore>

<mt:SetVarBlock name="current"><mt:CurrentPage /></mt:SetVarBlock>

<mt:SetVarBlock name="maxresult"><mt:SearchMaxResults /></mt:SetVarBlock>

<mt:SetVarBlock name="last_page_num"><mt:GetVar name="current" value="$maxresult" op="*"></mt:SetVarBlock>

<mt:SetVarBlock name="SearchResultCount"><mt:SearchResultCount /></mt:SetVarBlock>

<mt:SetVarBlock name="first_page_num"><mt:CurrentPage /></mt:SetVarBlock>

<mt:SetVar name="first_page_num" value="1" op="-">

<mt:SetVar name="first_page_num" value="$maxresult" op="*">

<mt:SetVar name="first_page_num" value="1" op="+">

<mt:Ignore>変数取得 ここまで</mt:Ignore>


<mt:SearchResultCount />件

<mt:Unless name="SearchResultCount" eq="0">中</mt:Unless>

<mt:Unless name="SearchResultCount" eq="0">

<mt:Var name="first_page_num" />―

<mt:If name="last_page_num" ge="$SearchResultCount">

<mt:SearchResultCount />

<mt:else>

<mt:var name="last_page_num">

</mt:If>件

</mt:Unless>

上記のソースを、検索結果のテンプレートに貼りつければ、表示されます。

こんな感じになります。

count

早いもので、あっという間に4月ですね。

2-3月は、奥さんが育児休暇から職場に復帰したため、いろいろと慌ただしい日々でした。特に3月は、仕事もタフな日々が続き、なんだか新幹線にのっているように、時があっという間に過ぎていきました。

さて、今年は、年頭に掲げた「2010年の目標」について、3ヶ月ごとにチェックしてみようと思います。

まずは、1-3月期。事業で言えば第1四半期に当たります。

今年の目標は、以下の6点でした

1. 家庭環境の変化に対応し、家族を助けてうまくリズムを作る
2. 自分の知識、能力のポートフォリオを見直し、足りない箇所を鍛える
3. 英語のコミュニケーション能力、文章読解力を上げる
4. コミュニティ活動の幅を広げる
5. ジョギングを125km/月、1500km/年 走り、サブフォー達成
6. 月10冊、年間120冊の読書をする

以下、自己評価です。