2013年3月のアクティビティまとめ

2013年3月のアクティビティまとめです。

読書まとめ

 2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1193ページ
ナイス数:3ナイス

自分を愛する力 (講談社現代新書)自分を愛する力 (講談社現代新書)感想
この本のテーマは「自己肯定感」。巻末の対談の言葉を借りると、「健全な自己愛」が、自己肯定感につなるのだそうだ。障害者の著者の子供時代、教師として小学校で奮闘した体験、そして親として子供、自分と向き合う今、の3つから、どのように自分、家族、そして子供に「自分を好きになってもらえるか」を考える内容になっている。子供を持つ親は一読の価値あり。スラスラ読めるのは、著者の文章力。難しい内容を読みやすい文章で書いている本だと思う。僭越ながら、我が家の子育てと、乙武家の子育てはよく似ていると思った。
読了日:3月27日 著者:乙武洋匡



今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀感想
友人の勧めで読了。オリジナルの漫画版・ジャイキリは読んだことがないけれど、読みたくなった。強いチームをつくるための手法を、4つのフェーズに分けて、それぞれについてマンガのエピソードを交えながら解説する。自分にも思い当たることがあり、非常に参考になる。ただ、本で読む分には面白いのだけれど、実際に「一からチームをつくる」のは、本当に大変で、しんどい思いをするのも間違いないので、心身ともにタフでないと、書籍の内容のようには行かないよな、とも思う。
読了日:3月23日 著者:仲山 進也



40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則感想
40代も半ばの自分の立ち位置を確認するために読んでみた。書かれていることの7割ぐらいは日頃から実践できている気がするけど、残り3割は物足りないかな。というか、50全部実践できている人はほとんどいないんじゃないだろうか。
読了日:3月20日 著者:大塚 寿


WBCに愛があった。三塁コーチが見た侍JAPANの知られざる感動秘話WBCに愛があった。三塁コーチが見た侍JAPANの知られざる感動秘話感想
2009年のWBCでコーチを務めた著者による、当事者の手による観戦記。日本代表スタッフ、しかもコーチという要職にいないと知りえないようなエピソードがいっぱい。原監督からコーチとして就任要請を受けたとき、その直前に中日を解雇されたときの心境、あるいはダルビッシュが抑えに指名された時の様子など、どれも生々しくて面白い。文体も非常にロジカルで、読みやすく、不明瞭な所がない。2013年のWBCは残念な結果だったけど、高代コーチの手腕は間違いのないものだったと思う。野球好きにおすすめ。
読了日:3月19日 著者:高代 延博



パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよパブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ感想
個人情報をどこまで公にするか?は、インターネットを利用するときにつきまとう問題。ネット先進国、アメリカでの事例をもとに、ネットにプライバシー情報を公開するとはどういうことか、そもそもプライバシーとは何か、を論じる内容。著者がかなり先進的な「公開擁護派」なので、参考になるかどうかは正直人それぞれ。章ごとに異なるトピック・主題を扱っているため、正直読みにくく、疲れる読後感。ただし、内容はどれも興味深いし、資料としての貴重性もある。ソーシャルネットと個人情報について考察したい人は、ぜひ一読をお勧めします。
読了日:3月15日 著者:ジェフ・ジャービス



ペルセポリスII マルジ、故郷に帰るペルセポリスII マルジ、故郷に帰る感想
作者がオーストリアに一時的に移住して、文化の違いから自己喪失気味になるところが心に迫る。書いている内容はとても深いのだけれど、1巻同様、視点が客観的なため、さらっとしていて読みやすい。白黒+平面的な、独特な画調とあいまって、とにかく印象に残る。
読了日:3月2日 著者:マルジャン・サトラピ


ペルセポリスI イランの少女マルジペルセポリスI イランの少女マルジ感想
「イランのちびまる子ちゃん」というレビューがあったけれど、まさしくそのとおりだと思った。ちびまる子ちゃんよりも重いテーマが含まれているけれど、作者の視点がとても客観的なので、読後感はそれほど重くない。逆に、客観的だからこそ、読んでいてすんなり自分の中に入ってくる感じ。イランの文化、生活、宗教、戦争、戦いなどなど、とにかく新鮮で面白い。
読了日:3月2日 著者:マルジャン・サトラピ

読書メーター

ジョギングまとめ

62.0km。

3月は全然走れなかった・・・。

映画まとめ

見てません。

今月のレビュー

3月は読書量が増えたけど、ジョギングと映画の時間が全然取れなかった。おそらく、理由は以下。

土日のうち半分は外出していた

MTCafe GunmaWebSig24/7、TOEICテスト、デザインあ展六本木アートナイト、など、3月の土日は外出が多かった。

外出の前後は、電車に乗る時間が増えて、読書の時間ができた。だから、読書冊数が前月より増えた。

一方で、残り半分の土日は、家事と子供の面倒を見るのに時間を使った。結果的に、ジョギングや映画などの、まとまって時間をとるアクティビティができなかった。細切れ時間が多かったので、ジョギングは短時間、短距離が多かった。

・・・ということなのだろうと思います。

4月も、土日は、ほぼ予定で埋まっているため、3月以上に忙しくなる。余剰時間をどう過ごすか、かポイントになりそう。