MTCafe Gunmaに参加してきました

去る3月2日、群馬県の前橋市で、MTユーザーのオフ会「MTCafe Gunma」が開催されました。僕も参加しました。

今回は、MTCafe Gunmaについて、簡単にレポートいたします。

MTCafe Gunma

MTCafeとは

MTCafeとは、Movable Typeユーザーのオフ会の総称です。最初は名古屋で開催されて、徐々に東京、福岡、札幌など各所へ広がり始めています。

MTCafe Gunmaの内容

MTCafe Gunmaは、前橋駅の近くにある、カントリーホテル前橋のティールームで開催されました。

内容は、以下のとおりです。

Movable Typeの現在 MTCafe Gunma Ver.

まず最初に、僕から「Movable Typeの現在 MTCafe Gunma ver.」と称して、MTの現在について語ってきました。

  • アメリカ再進出
  • Movable Typeの動き
  • 最新バージョンの紹介
  • Movable Type EZについて
  • ショーケースのご紹介

30分ほどの時間で、コンパクトに現在のMTの状況についてご説明しました。

WordPress on Movable Type 

藤本さんからは、「MTでWordPressを動かす」というお題で、開発中のプラグインの紹介がありました。

かなりの力技のプラグインで、正直驚きました。すごいなー。

アンカンファレンス

続いて、来場者がランダムに発表を行う、アンカンファレンスが開催されました。

発表者は以下のとおりです。

  • にっく:サーバーや回線を土地や道路にたとえるて分かりやすく説明する
  • 高橋氏:Movable TypeでInDesign用のXMLデータを出力して、ワンソースでWebと紙の両方に対応する
  • 小野崎氏:DynamicMTMLの概要

僕の発表については、次回のブログ記事で詳しくご紹介しようと思います。

個人的には、高橋さんの「Movable Type x InDesign」ネタが非常に面白かったっです。ウェブと印刷物のワンソース・マルチユースは、10年ぐらい前から随分要求の多い仕事でしたが、当時はシステム開発と運用だけで、ものすごく費用がかかりました。

今は、MTとInDesignで、簡易なものなら十分にワンソース・マルチユースが実現できるわけで、時代の違いを感じます。これに藤本さんのKindle向けePub出力プラグインを組み合わせたら、紙・ウェブ・電子出版、すべて一つで済んじゃいますね。

その後も、ざっくばらんな情報交換を行いました。

懇親会

MTCafe終了後は、向かいの居酒屋に場所を移して、懇親会で大いに盛り上がりました。なんと、参加者13名がすべてそのまま懇親会参加。100%の参加率でした。

その他

その他、前橋のトピックをランダムにご紹介。

前橋駅前。萩原朔太郎の生地だったんですね。

前橋駅前の看板

改札前では、本田翼ちゃんの等身大看板がお出迎えしてくれました。本田翼って可愛いなー。

本田翼の等身大看板