「エウレカセブンAO 完結編」放送記念 オールナイト上映イベントに行って来ました

11月24日(土) の22時から、新宿のシネマートで、「『エウレカセブンAO 完結編』放送記念 オールナイト上映イベント」が開かれました。

僕は一週間ほど前に、Facebookのタイムラインでこのイベントを知り、脊髄反射でチケットを買ってしまいました。以下、イベントの参加報告です。

20121124_EurekaSevenAO_AllNightEvent_2.JPG

写真は入場時に配られたポストカード。

イベント詳細

イベントは二部構成で、冒頭40分ほど、AOに参加した声優さんのトークショー。その後、京田監督セレクトによる13話分の放映を行う、というもの。

僕は次の日、家庭の用事があったため、冒頭のトークショーのみで退席しました。残念。こういうときは、独身時代の身軽さに戻りたい、と思う。

セレクトされた13話の一覧は、こちらのページをご覧ください。

シネマート新宿SCREEN1の客席は、全部で333だそうですが、客の入りは全体の7割ぐらいで、大入り満員、という感じではなかった。告知からイベントまでの日にちがあまりなかったので、イベント自体を知らない人が多かったのではないでしょうか。

客層は圧倒的に20代後半-30代ぐらいの男性で、7割ぐらいを占めていた。40代、50代以上の男性もみかけた。深夜のイベントのわりには、女性も比較的多かった。女性の年齢層はバラバラで、20代ぐらいから50代ぐらいの女性もいたようだ。男女カップルも意外 (?) にみかけました。

全体的に、いわゆるアニメオタクとか、女性キャラのマニアックなファン、というイメージとは違う感じでした。おとなしく、礼儀正しい人が多かったような気がします。

トークショーの進行は、バンダイビジュアルの宣伝部と思しき方。僕も昔、ゲーム会社にいたときは、こういう声優イベントにスタッフで参加してたなあ、などと昔を思い出す。

声優さんのトークショーについて

参加した声優さんは、アラタ・ナル役の宮本佳那子さん、エレナ・ピープルズ役の小見川千明さん、エウレカ役の名塚佳織さん、レントン役の藤原啓治さん、の合計4名。

壇上のメンバーを見て、「あれ、アオ役の声優さんはいないだな」と思う。自分が、イベントの詳細を何も知らないまま、チケットを買っていたことに改めて気がつく。

「エウレカセブンAOのイベントだ! 最終回も見たし、思い出作りにとりあえず行っちゃえ!」と、勢いでチケットを購入したんですね。僕は時々、勢いで物事を決める。

名塚さんという声優さんを初めて見たけど、とても美人でびっくりした。モデルのようだった。26歳と聞いて2度びっくり。年齢のわりにはとてもしっかりしているように見えた。アラタ・ナル役の宮本さんは、以前に何度か写真で見たことがあるが、実物のほうが写真より可愛いと思った。

総じて、皆さんなかなか舞台映えする人たちでした。

トークショーの最中は、写真撮影や録音、FacebookやTwitterなどの実況は禁止だった。イベント終了後、ツイッターのタイムラインを見ていると、実況している人はだれもいなくて、さすがにマナーが良いファンが多いと感じた。

以下、トークショーで記憶に残ったお話。記憶違いの箇所もあるかもしれません、ご容赦ください。軽いネタバレがあります。

レントン役の藤原さん

  • レントン役に決まったときは、正直びっくりした。自分で良いのかと思った。
  • AOが始まったときは、「ついに続編が始まったんだな」と感慨深かった。交響詩篇エウレカセブンは自分にとっても大きな作品だったので、感じるものがあった。
  • 最終話、レントンが、エウレカがお世話になったと深々とお辞儀をしたのが印象に残った。ああ、レントンとエウレカは夫婦になったんだな、妻がお世話になったと、お礼をいえるようになっただな、と実感した。

エウレカ役の名塚さん

  • 印象に残ったのは、13話、アオと会話するシーン。アオの話に合わせず、マイペースで話すところが、エウレカらしいと思った。
  • 完結編の2話で、レントンが時折、交響詩篇時代のレントンのような表情を見せて、面白かった。ニヤッと笑うところとか。
  • レントン役が藤原さんに決まった時、前作のレントン役を務めた三瓶さんに、なんて言えばいいかわからず、会っても内緒にしておこうと思った。ところが、三瓶さんはすでに知っていたらしく、収録出会った瞬間「聞いたー?レントン役が決まったんだってー!」とハイテンションで話しかけられて・・・。
    (注:自分が気を使おうと思ったこと自体、何の意味もなかったことが分かり、ずっこけたらしい。)

エレナ役の小見川さん

  • ミラーのシーンは、収録が終わったあと、実際に絵を見ると、とてもパンクな女性だったので驚いた。(注:収録中は絵がなかったのかもしれません)
  • 毎週一回、学校行通っているような気になる収録だった。
  • 「エレナは地のまま演じて欲しい」と監督に言われ、困惑した
  • 印象に残っているのは、エウレカの出産シーン
  • エウレカシリーズは前作が大好きで、自分もこういう形で関わることができて、本当に嬉しかった。

ナル役の宮本さん

  • 初めてのヒロインという大役で、体当たりで2クールを駆け抜けた
  • アオは本当に良い子だった。
  • 印象に残っているのは第4話。アオが島を離れるとき、本当は自分も付いて行きたいけど、ついていくと迷惑になるとわかって、とどまることを選択したのがナルらしいと思った。ナルは基本的に色々なことを理解している子だった。
  • まさかナルが、IFOに乗ることになるとは思わなかった。

このトークショーの様子は、DVDのパンフレット等、活字になると良いと思いました。とても良い雰囲気のトークショーでした。

エレナ役の小見川さんが、終始緊張気味だったこと、レントン役の藤原さんが、終始神妙な面持ちで、「自分がレントンで良かったのかなあ・・・」みたいな表情をしていたのが妙に面白かった。

トークショーは和やかな雰囲気のまま、開始から40分ほどで終わり、23時からオールナイト上映階の開始となりました。僕は上映会が始まる前に、劇場を抜け出して帰途につきました。僕以外にも、数十人ぐらい帰る人がいた。

上映会を見れなかったのは残念ですが、今度自宅で、セレクトされた13話を順番にみていこうと思います。

以上、簡単ですがイベントの報告記でした。