エアトレインとLIRRを乗り継いでブルックリンへ (2012年10月12日)

空港から宿のあるブルックリンまで移動。JFK空港から、ニューヨークまではいくつかの移動方法がある。

最初は地下鉄で移動しようと考えていたが、今回は宿の方のアドバイスで、エアトレイン+LIRRで移動する。地下鉄は頻繁に運用変更や遅延が起こるから、とのこと。エアトレインは日本で言うとモノレール。LIRRは、WikipediaによるとJR東日本のようなものらしい

最初はあまり信じていなかったが、今回の滞在中に、地下鉄の運行がころころ変わることをあとで思い知った。NYの地下鉄は本当に運用編呼応が多い。例で言うと、銀座線に乗って浅草に向かっていたはずが、表参道でいつの間にか千代田線の経路に変わり、柏まで綾瀬まで行ってしまった・・・なんてことが本当に何度か起こった。これはまた後日。

エアトレインの路線図

NYの切符売り場

エアトレインでジャマイカ駅というところまで移動して、その後ロングアイランドレールロード(LIRR)でアトランティックターミナルへ。天気予報では晴れのはずだったが、ジャマイカ駅は曇り。さらに風が強く、非常に寒い。立っているとぶるぶる震えそうになる。当たり前だけど、人種が多種多様。アフリカンアメリカンの多さに驚く。ただ、若干骨太な感じはするが、体の大きさは日本人とあまり変わらない。チケットの買い方、入れ方、線路表や時刻表の見方が今ひとつわからないため、戸惑ってしまう。

ジャマイカ駅のホーム

今回、久しぶりにインターネットや携帯電話からシャットアウトしたくて、モバイルWifiやローミングなどの対策を行わずに渡米した。インターネットに繋がらない環境はとても久しぶり。なんとなく手持ち無沙汰になる分、アウトプットをしたくなる。写真をとったり、見て感じたことをメモにしたり。昔、携帯電話がないころは、こうやって隙間時間をつぶしていたんだっけ、と、ふと昔を思い出してみる。

なんとか目的地のブルックリンに到着したのは、13:00頃だった。