ニューヨークの屋台、Halal Cart (2012年10月12日)

トップ・オブ・ザ・ロックで夜景を見た帰り道、ヒルトンホテルの前に移動して、屋台「Halal Cart(ハラルカート)」に立ち寄る。

Halal Cart

同僚のブログ記事で見てから、ニューヨークに来たときは、ぜひ一度食べてみようと考えていた料理。最近流行り始めたお店かとおもいきや、登場からすでに4,5年経っているようだ。インターネットで検索すると、実際に食べた人のレポート記事がたくさん見つかる。ニューヨークのクチコミガイドにも、レストランガイドのカテゴリで紹介されている

ヒルトンホテルの前に移動すると、長蛇の列ができていて、すぐに屋台が見つかった。この日も行列が途切れず、次々に客が現れては行列に並んでいた。本当に人気が高いらしく、ヒルトンホテルの近くに、いくつか同種の店が屋台を開いていた。しかし、やはり元祖が一番人気があるらしく、周囲の屋台はあまり人が入っていない。

1杯$60、日本円にして約480円。安い。タイ米のようなご飯に薄くケチャップで色付けがしてあり、上にゆでたチキンのバラ肉とレタス、ピタパンのようなパンが数片のっていた。

チキンプレート+ライス、ピタを食べた

チキンのバラ肉は、ごく普通のお肉だった。「病みつきになる」という程ではないけれど、不思議な味だった。決してまずくはない。

独特のクリームソースは、酸味と味が薄いフレンチドレッシングのような感じ? ソースと合わせると、確かに今まで食べたことのない味になる。さらに、とても辛いチリソースをかけると、味が少し複雑になる。購入客は、めいめい店の横にあるソースをかけて立ち食いしていた。

屋台前でソースをかけて、好みの味にする人たち

まいったのは、とにかく量が多いこと、いっぱいで、吉野家の牛丼の並の2倍-2.5倍ぐらいのボリュームがあった。残念ながら全部食べきれず、少し残してしまった。