Amazon EC2+nginx+Movable Typeで、ブログを作る(その3)

前回では、nginxのインストールと起動までを行いました。
今回は、nginxでCGIを利用できるように設定します。
Apacheと違い、nginxは初期状態ではCGIが扱えません。独自にデーモンを立ち上げて、CGIファイルのリクエストがあったら、そちらに処理をさせる必要があります。このため、いくつかの作業を行います。

nginxでCGIを動かすノウハウはまだ情報がまとまっておらず、様々なwikiやブログにそれぞれの方法で点在しています。そんな中で、個人的に一番参考になったのは、以下の情報でした。

Nginx and Perl-FastCGI on CentOS 5

以下、上記の情報を参考に設定を行います。今回の作業は、概ね以下のような内容になります。

  • Perlインストール
  • FastCGIのデーモン作成、起動
  • nginxの設定ファイル編集、再起動
  • CGIのリクエストをFastCGIデーモン経由で処理、Perlを実行して結果をnginxに戻す

前提条件

今回の作業を行うにあたって、サーバーなどの状態は以下のとおりとします。

  • サーバー名
    • example.com
  • 公開サイトのドキュメントルート
    • /usr/share/nginx/html/
  • CGIの待受ポート
    • 8999

Perl、FastCGIモジュールのインストール

yum install で、Perlを一式インストールします。また、FastCGIで処理を行うため、Perl用のFastCGIモジュールも同時にインストールします。


sudo yum install perl fcgi-perl

FCGIデーモンの作成、起動

CGIファイル(ここでは、拡張子が.cgiのPerl実行ファイル)を処理するために、Perl処理用のデーモンを作り、デーモンとして常駐させます。これは、 Denis S. Filimonov氏による、FastCGI wrapperを利用させていただくことにします。

以下のファイルを、「/usr/bin/fastcgi-wrapper.pl」として、作成・保存します。


#!/usr/bin/perl

use FCGI;
use Socket;
use POSIX qw(setsid);

require 'syscall.ph';

&daemonize;

#this keeps the program alive or something after exec'ing perl scripts
END() { } BEGIN() { }
*CORE::GLOBAL::exit = sub { die "fakeexit\nrc=".shift()."\n"; };
eval q{exit};
if ($@) {
    exit unless $@ =~ /^fakeexit/;
};

&main;

sub daemonize() {
    chdir '/'                 or die "Can't chdir to /: $!";
    defined(my $pid = fork)   or die "Can't fork: $!";
    exit if $pid;
    setsid                    or die "Can't start a new session: $!";
    umask 0;
}

sub main {
        $socket = FCGI::OpenSocket( "127.0.0.1:8999", 10 ); #use IP sockets
        $request = FCGI::Request( \*STDIN, \*STDOUT, \*STDERR, \%req_params, $socket );
        if ($request) { request_loop()};
            FCGI::CloseSocket( $socket );
}

sub request_loop {
        while( $request->Accept() >= 0 ) {

           #processing any STDIN input from WebServer (for CGI-POST actions)
           $stdin_passthrough ='';
           $req_len = 0 + $req_params{'CONTENT_LENGTH'};
           if (($req_params{'REQUEST_METHOD'} eq 'POST') && ($req_len != 0) ){
                my $bytes_read = 0;
                while ($bytes_read < $req_len) {
                        my $data = '';
                        my $bytes = read(STDIN, $data, ($req_len - $bytes_read));
                        last if ($bytes == 0 || !defined($bytes));
                        $stdin_passthrough .= $data;
                        $bytes_read += $bytes;
                }
            }

            #running the cgi app
            if ( (-x $req_params{SCRIPT_FILENAME}) &&  #can I execute this?
                 (-s $req_params{SCRIPT_FILENAME}) &&  #Is this file empty?
                 (-r $req_params{SCRIPT_FILENAME})     #can I read this file?
            ){
        pipe(CHILD_RD, PARENT_WR);
        my $pid = open(KID_TO_READ, "-|");
        unless(defined($pid)) {
            print("Content-type: text/plain\r\n\r\n");
                        print "Error: CGI app returned no output - ";
                        print "Executing $req_params{SCRIPT_FILENAME} failed !\n";
            next;
        }
        if ($pid > 0) {
            close(CHILD_RD);
            print PARENT_WR $stdin_passthrough;
            close(PARENT_WR);

            while(my $s = <KID_TO_READ>) { print $s; }
            close KID_TO_READ;
            waitpid($pid, 0);
        } else {
                    foreach $key ( keys %req_params){
                       $ENV{$key} = $req_params{$key};
                    }
                    # cd to the script's local directory
                    if ($req_params{SCRIPT_FILENAME} =~ /^(.*)\/[^\/]+$/) {
                            chdir $1;
                    }

            close(PARENT_WR);
            close(STDIN);
            #fcntl(CHILD_RD, F_DUPFD, 0);
            syscall(&SYS_dup2, fileno(CHILD_RD), 0);
            #open(STDIN, "<&CHILD_RD");
            exec($req_params{SCRIPT_FILENAME});
            die("exec failed");
        }
            }
            else {
                print("Content-type: text/plain\r\n\r\n");
                print "Error: No such CGI app - $req_params{SCRIPT_FILENAME} may not ";
                print "exist or is not executable by this process.\n";
            }

        }
}

作成したfastcgi-wrapper.plをデーモンとして常駐処理させるために、initスクリプトを作成します。

以下のファイルを、/etc/rc.d/init.d/perl-fastcgiとして保存します。


#!/bin/sh
#
# nginx - this script starts and stops the nginx daemon
#
# chkconfig: - 85 15
# description: Nginx is an HTTP(S) server, HTTP(S) reverse \
# proxy and IMAP/POP3 proxy server
# processname: nginx
# config: /opt/nginx/conf/nginx.conf
# pidfile: /opt/nginx/logs/nginx.pid

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network

# Check that networking is up.
[ "$NETWORKING" = "no" ] && exit 0

perlfastcgi="/usr/bin/fastcgi-wrapper.pl"
prog=$(basename perl)

lockfile=/var/lock/subsys/perl-fastcgi

start() {
    [ -x $perlfastcgi ] || exit 5
    echo -n $"Starting $prog: "
    daemon $perlfastcgi
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && touch $lockfile
    return $retval
}

stop() {
    echo -n $"Stopping $prog: "
    killproc $prog -QUIT
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && rm -f $lockfile
    return $retval
}

restart() {
    stop
    start
}

reload() {
    echo -n $"Reloading $prog: "
    killproc $nginx -HUP
    RETVAL=$?
    echo
}

force_reload() {
    restart
}
rh_status() {
    status $prog
}

rh_status_q() {
    rh_status >/dev/null 2>&1
}

case "$1" in
    start)
        rh_status_q && exit 0
        $1
        ;;
    stop)
        rh_status_q || exit 0
        $1
        ;;
    restart)
        $1
        ;;
    reload)
        rh_status_q || exit 7
        $1
        ;;
    force-reload)
        force_reload
        ;;
    status)
        rh_status
        ;;
    condrestart|try-restart)
        rh_status_q || exit 0
        ;;
    *)
        echo $"Usage: $0 {start|stop|status|restart|condrestart|try-restart|reload|force-reload}"
        exit 2
    esac

作成したfastcgi-wrapeer.pl、perl-fastcgiの実行権を設定して、常駐処理を行います。


sudo chmod +x /usr/bin/fastcgi-wrapper.pl
sudo chmod +x /etc/rc.d/init.d/perl-fastcgi
sudo /etc/rc.d/init.d/perl-fastcgi start
chkconfig --add perl-fastcgi
chkconfig perl-fastcgi on

nginxの設定ファイル編集、再起動

nginxの再設定を行います。CGIを処理するための外部設定ファイルを作成して、nginx.confにインクルード、再起動します。 .cgiファイルのリクエストがあった際に、8999ポートを利用してfastcgi-wrapperデーモンへ処理を渡し、戻り値をブラウザに返します。

以下、外部ファイルを「/etc/nginx/fcgi-perl.conf」として作成、保存します。


sudo vi /etc/nginx/fcgi-perl.conf

    location ~ \.cgi$ {
    gzip off;
    include /etc/nginx/fastcgi_params;
    fastcgi_pass  127.0.0.1:8999;
    fastcgi_index index.cgi;
    fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /usr/share/nginx/html/$fastcgi_script_name;
    }

作成、保存が終わったら、nginx.conf内でインクルードします。serverブロック内に、locationディレクティブの一部として設定を行います。


    server {
        listen       80;
        server_name  _;


        location / {
            root   /usr/share/nginx/html;
            index  index.html index.htm;
        }

        error_page  404              /404.html;
        location = /404.html {
            root   /usr/share/nginx/html;
        }

        error_page   500 502 503 504  /50x.html;
        location = /50x.html {
            root   /usr/share/nginx/html;
        }

        include /etc/nginx/fcgi-perl.conf;

(中略)

}

インクルード処理を行わず、nginx.confに直接書いても構いません。管理しやすい方法が良いでしょう。

設定が終了したら、nginxを再起動します。


sudo /etc/init.d/nginx restart
Stopping nginx:                                            [  OK  ]
Starting nginx:                                            [  OK  ]
$

CGI経由でPerlを実行

ここまで来たら、実際にPerlで書かれたcgiファイルを処理できるか、テストします。 以下のテスト用スクリプトを、公開パス配下に「/usr/share/nginx/html/test.cgi」として保存します。


#!/usr/bin/perl

print "Content-type:text/html\n\n";
print <<EOF;
<html><head><title>Test Script</title></head>
<body>
<h1>Test Script</h1>
EOF

print "Hello World!";

print "</body></html>";

実際に、ブラウザでtest.cgiにアクセスしてみましょう。以下のような表示がされたら、正常にcgiファイルの処理が行われています。

nginxTestScript.png

ここまで来たら、あとはMovable Typeに必要なCPANモジュールと、MySQLをインストールすれば、Movable Typeが実行できます。

MTInstall.png