iPhoneにすっかり依存する日々

今更ですが、iPhoneデビューしました。


予約開始日にオンラインで予約して、8年ほど使ったauにお別れしました。

今更ですが、改めて「iPhoneすげー」と、その威力に打ちのめされております。気がつけば、自宅であまりパソコンを開かなくなりました。

色々とアプリやツールを試していますが、今のところ自分のiPhone利用シーンは

  • ジョギングのトラッキング。auの「run&walk」の代替サービス
  • googleの各種サービスクライアント。google+iPhoneの威力は半端ない。まさにシンクライアントの極み。todo管理からメール対応、メモ書きや文章作成まで、シームレスそのもの
  • その他各種トラッキング。体重管理から日々の雑記まで
  • ゲームマシン。PS3、pspを始め、任天堂のDSやWiiもない自分にとっては、久々にゲームが出来るマシンを手にした感じ。FIFAのサッカーゲームは何回やったことでしょう。
などなど、まあ、それなりに他の皆様と同じ様な使い方をしております。

一時期、iPhoneにするか、auのandroid端末にするか、散々悩んだのですが、日本はおろか、アメリカやイギリスなど、海外の知人も含めて、すべて「iPhoneにしろ」と口を揃えていうので、iPhoneにした経緯があります。

結果的に正解だったと思うのですが、まだ1ヶ月も経ってないのに、こんなにiPhoneに依存してしまって大丈夫だろうか、と一抹の不安を感じております。

でも、やっぱりAndroid携帯とガラゲーもひとつずつほしいなあ・・・。