プリキュアオールスターズDX2のエンディングダンスを、ダンサー視点で分析してみたよ

毎度おなじみ「プリキュアのエンディングダンスを寿ぐ」時間がやってまいりました。

今回の題材は、「プリキュアオールスターズDX2 希望の光レインボージュエルを守れ」のエンディングダンスです。

・・・まだ本編の映画見ていないですけどね。(10/07/28時点)

Youtubeを見てたら、偶然エンディングダンスを見つけたので、早速解説。

おそらく、即効削除されると思うので、期間限定エントリーです。

 

歴代のプリキュアが、ところ狭しと踊りまくっています。すげー。豪華。

■ 全編、ジャズ振り

今回のダンスについては、とにかく「全体的にジャズぶり」、の一言に尽きます。

多分今回も前田健さんだと思うのですが、現在放映中の「ハートキャッチプリキュア」に比べても、容赦ないジャズ振りになってます。

ステップそのほか、初心者向けの振りはあまりありません。

あえてストリート系の動きを探すとすれば、2分9秒前後の「ふたりはプリキュア」の2人組が踊るシーンぐらい。

ここで二人が見せる動きは、ストリートダンスで言う「パンキング」という動きです。

腕をしなやかに、鞭のように振り回す振り付けで、ソウルダンスの派生系です。

それ以外は、ほぼすべて、ジャズダンスのテクニックが満載。

1分50秒ごろの、フレッシュプリキュアメンバーの「バトマンキック」とか、

1分18秒ごろの、「スプラッシュスター」の二人組みが見せる、シェネの動きとか、

ほぼすべてが、ジャズダンス中心の動きそのものです。

今回の振り付けは、割とテクニカルな動きが多いので、ダンス初心者が

「素敵、真似しよう」と思って、すぐに真似できる動きは少ないです。

難易度で言うと、東京都内のジャズダンススタジオでは初中級から中級位にあたる振り付けが中心となります。

 

■ この振り付けを踊るためのポイント

これぐらいの難易度になると、正直、「ちょっとまねして踊る」レベルを超えております。

スポーツクラブなどで少しダンスをかじったぐらい、のレベルでは、太刀打ちできない動きが多いため、相応にがんばらないとコピーできません。

あえて言うと

・回転系が多いので、しっかりスポットを切りましょう

シェネをはじめとしたターン系の動きが多用されているため、しっかりスポットを捕らえて回りましょう。

比較的テンポの速い曲なので、回転系でぐらつくと、次の動きにスムーズに入れません。

・手の動きに表情をつけましょう。

意外に手振りが多用されているので、指先の表情が重要となります。

プリキュアの持つ、力強さとかわいらしさをうまく指先にこめて踊りましょう。

・柔軟性命

途中で出てくる、キック系の動きをきれいに見せるためには、柔軟性が大切な要素と成ります。

しっかりストレッチをして、足が曲がらない、きれいなキックを見せましょう。

 

・・・といったところでしょうか。

自分のレベルを棚に上げて、書いてみました。

(今回も全然、分析になってないですね・・・)