2010年1-3月を振り返って、新年の目標の達成度合いをチェックしてみる

早いもので、あっという間に4月ですね。

2-3月は、奥さんが育児休暇から職場に復帰したため、いろいろと慌ただしい日々でした。特に3月は、仕事もタフな日々が続き、なんだか新幹線にのっているように、時があっという間に過ぎていきました。

さて、今年は、年頭に掲げた「2010年の目標」について、3ヶ月ごとにチェックしてみようと思います。

まずは、1-3月期。事業で言えば第1四半期に当たります。

今年の目標は、以下の6点でした

1. 家庭環境の変化に対応し、家族を助けてうまくリズムを作る
2. 自分の知識、能力のポートフォリオを見直し、足りない箇所を鍛える
3. 英語のコミュニケーション能力、文章読解力を上げる
4. コミュニティ活動の幅を広げる
5. ジョギングを125km/月、1500km/年 走り、サブフォー達成
6. 月10冊、年間120冊の読書をする

以下、自己評価です。

1. 家庭環境の変化に対応し、家族を助けてうまくリズムを作る

達成度・・・○

2-3月は忙しいながらも、土日や平日夜はできるだけ家事に従事して、家庭と仕事を両立できました。

その反動で、あまり友人達との集まりや勉強会に行けなくなったのが少々マイナス点。

2-3月の2ヶ月で言うと、2月のMTDDCと3月の花見ぐらいしか思いつかない。

4月以降、外部の知人・友人の皆さんと、どうやって時間を共有していけるかがポイントとなりそうです。

2. 自分の知識、能力のポートフォリオを見直し、足りない箇所を鍛える

達成度・・・△

新しいブログMTJを立ち上げました。こちらは、新しいドメイン・2か国語ブログ(まだ本格稼動していませんが)、xhtml 1.0 transitional バリッドで運営しております。

本ブログは、好きに遊びたいため、あまりバリデーションを意識していませんが、MTJの方はバリデーションチェックを逐一行っております。

xhtml系やアクセシビリティは、とにかく場数をこなさないと身につかないので、仕事とは別に自分なりに勉強中。まだまだ先は長いです。

 

3. 英語のコミュニケーション能力、文章読解力を上げる

達成度・・・○

MTJを立ち上げたせいで、英語の文章を書く気会が一気に上がりました。正直大変ですが、直にネイティブの技術者に見てもらい、それなりに内容も理解してもらっているようなので、一安心。

反面、Lang-8や個人の英語ブログを書く回数が減りつつあるため、こちらを何とかしないといけない。

全体で見ると、予定通り勉強出来ています。

 

4. コミュニティ活動の幅を広げる

達成度・・・○

今年からしばらくは、MovableTypeのコミュニティ活動に力を入れていこうと思っております。MTJはそこそこ日本だけでなく、海外のヘビーなMTユーザーに見てもらっており、MovableTypeコミュニティではそこそこ認知いただいているようで何よりです。

4月以降はオンラインだけではなく、オフラインやリアルでもコミュニティ活動を行いたい。勉強会の開催とか、オフ会とか、その他。

MODxのほうはやや控えめ。本家コミッターのやまさんと一緒に、日本チームの仕様提案など、サポート側に回っております。結構日本チームの要望がコミットできはじめているので、地味ながらも多少は貢献出来ているんじゃないかなー、と自分を励ましております。

 

5. ジョギングを125km/月、1500km/年 走り、サブフォー達成

達成度・・・×

1-4までは、まずまずの状況なのですが、問題はジョギング。

1月の走行距離が90km強。
2月の走行距離が65km強。
3月にいたっては、なんと走行距離が7km

と、まるで走れていません。

これは、1-4までの時間で一杯一杯になり、ジョギングに時間を回せなかった、ということにつきます。

うーん、これではサブフォーは遠のくばかり。4月以降は、ジョギング強化がひとつのポイントとなりそう。

 

6. 月10冊、年間120冊の読書をする

達成度・・・△

1月は11冊。
2月はやや少なくて5冊。
3月は10冊。

と、読書についてはまずまず予定通りです。

ただ、目標に挙げた「5つの分野から毎月1冊ずつ読む」については、早くも看板倒れになりそう。特に地方自治の本は、正直今の自分にはちょっと厳しい。

何となく読でんはいますが、自分なりに「読みきった」という感覚がないものについては、読了冊数に入れていません。

地方自治については、「何が分からないかが分からない」状態なので、長いスパンでの目標となりそうです。

というわけで、4月以降は

「ジョギング」
「友人、知人との交流」
「勉強」

の3点を重点項目として、日々過ごしてみようと思います。