マイケル・ジャクソンファン、およびダンサー必見。驚異的な情報量「STRONGER THAN PARADISE」

リットーミュージックから出版されている、「DANCE STYLE」という、ストリートダンス専門誌があります。

この「DANCE STYLE」のウェブサイトと、同誌が協力している「ポッキー」のウェブサイトには、ダンス用語辞典が載っておりますが、実はこの用語辞典の8-9割は、僕が10年近く前にまとめたものです。

「DANCE STYLE」創刊号を発刊する際に、「ダンス用語集」を掲載する、という企画があり、当時はあまり一般的ではなかった(地方によって呼び方が違った)ダンスの用語をとりまとめて編集し、創刊号の特集として掲載したのです。

(現在GIZMODEのライターをしている「武者良太」さんと一緒にまとめたものです)

http://www.dance-style.com/words/a.html

http://pocky.jp/enjoy/dance_study/archives.html


・・・というわけで、ダンス、特にストリートダンスのことはそこそこ知っているつもりでありました。

が。

既に昨年になりますが、友人のちゅーさんから、「ムーンウォークの起源」というブログ記事を紹介していただきました。

「どんな記事だろう。ムーンウォークの覚え方、とか、そういう内容のブログ記事かな・・・」

などと思い、アクセスしたところ、「とんでもない情報量」に圧倒されてしまいました。

image

とにかくすごい。

「ムーンウォークの元祖は、マイケル・ジャクソンではない」

「マイケルジャクソンがムーンウォークを披露した『モータウン25』のビリージーンを、フレッド・アステアが褒め称えた。アステアを尊敬しているマイケルは、とても喜んだ」

とか、まあマイケルジャクソンファンやダンサーなら知ってそうなエピソードはもちろん、フレッド・アステアやキャブ・キャロウェイ、はてはビル・ベイリーまで、普通の人は絶対知らないだろう、といったダンサーを次々に紹介しております。

さらにさらに、このブログオーナー様は、「マイケル・ジャクソンのビデオベスト10」という企画を行っており、そこで繰り広げられる知識と情報量のすさまじいこと!

Beat Itの振り付け師が「マイケル・ピーターズ」というダンサーで、『Beat It中、白いジャケットに黒サングラスをかけた、ギャング団のボス役を務めた人』というところまでは知っていましたが、はっきりいってそんなレベルをはるかに上回る、密度の高い情報が、これでもかというぐらいに詰め込まれています。果ては、Beat Itに登場する主要なダンサーについて、一人一人丁寧に解説しています。

image

ダンスに関するコラムはマイケル・ジャクソンにとどまらず、フレッド・アステアの数々の映画や、果てはニコラス・ブラザーズなんていう「よっぽどのダンスオタクじゃないとそんなコンビ知らないよ!」というところまで、これでもかというぐらいに筆を振るっております。

はっきりいって、僕なんか足元にも及ばない知識量です。少しはストリートダンスを知っていたつもりだった自分が恥ずかしい。

あまりに圧倒されたため、メールを送り

  • ブログを紹介しても良いですか
  • ダンサーの方ですか

と聞いたところ、紹介について、快諾をいただきました。

ダンサーではないとのことですが、これほどの文章は、ダンスに対するよほどの知見と知識量、そして相当の愛情と熱意がないと、決して書けるものではありません。

最近になってマイケル・ジャクソンを知った方、あるいは、マイケルをきっかけにダンスに興味を持った方。ストリートダンス全般に興味がある方。ぜひ、一度ご覧ください。