Movable Type次期バージョンに期待したい機能など (WebSig24/7 MT4分科会第3回勉強会レポート 番外編)

WebSig24/7 MT4分科会の感想は前回まで終了です。
ここでは、番外として「MTに期待したい、CMSとしての仕様」について、いろいろと書いてみたいと思います。
■□ ユーザーは「Windows」のインターフェースを前提に考える

以前、ある商用CMSに携わっていた頃、ユーザーからインターフェースについていろいろと意見が上がりました。で、これらを分析したところ、以下のような要望があがりました。

  • ファイルの配置場所をフォルダ(ディレクトリ)構造で理解したい
  • 全体の構造をツリー構造で把握したい
  • ファイル類、フォルダ類の表示を「生成時間別」「名前別」など、複数でソートしたい
  • ドラッグアンドドロップ感覚で、ファイルの配置を変えたい

などなど。つまりこれは

  • Windowsと同様のインターフェースを実装して欲しい
と言っているのだろう、ということが分かりました。上記の項目は、Windowsのファイルエクスプローラーが持っている機能そのものです。

意識的か無意識かはともかく、エンドユーザーの操作に対する感覚は、多かれ少なかれWindowsのインターフェースが基準になっており、知らない間にWindowsを基準として見ていることが分かったのです。


■□ (1)「ウェブページ」と「フォルダ」の機能強化、ツリー構造による把握

ウェブCMSで上記を前提にすると、「ツリー構造による構造把握」と「並び替え」になります。
つまり

  • ディレクトリ単位で「ウェブページ」をツリー表示
  • ドラッグアンドドロップ、もしくはマウスによる操作で、ファイルの配置場所を変更

などになります。

MTの標準機能としての需要は大きいはず。別にブログ記事をツリー構造で管理する必要はないので、ウェブページ・フォルダを、上記手順で管理できれば良いなぁとおもいます。

現状のMTの構造を見ていると、「ウェブページ」「フォルダ」の概念は、ブログ部分の「ブログ記事(エントリー)」「カテゴリ」の概念から派生しているようなので、この箇所を独立してウェブCMSとして構造化するのが良いのではないかと思われます。

■□ (2)ウェブページの並び替えを直感的に

ウィジェットのように、ウェブページを並び替えたいです。
GENOVAさんやアルファサードさんのプラグインソリューション「PowerCMS」、あるいは藤本壱さんのプラグイン「SuperSort」で実現さ れていますが、MTデフォルトでできて欲しい。タイトルに<10><20>とか入力して並びかえるのは、裏技のレベルであって、 ウェブCMSなら普通にできて欲しいです。


■□ (3)ウェブページ上から文字修正

CMSの操作に不慣れなユーザーから良く聞かれるのが「簡単な文字修正が難しい。ページ上記から簡単に文字だけ修正したい」というもの。たとえば、管理画面から操作しなくても、ウェブサイトを見ながら、文字の部分をエディタで修正する機能は需要が高いと思われます。要するに「ウェブページからエディタを呼び出し、データベースの任意のカラムに保存されているデータを直接編集」できれば良いなぁと思います。


■□ (4)承認フローが欲しい

承認フローに対する要求はとても多いので、これが標準で実装されて欲しいです。

とりあえず1段階承認だけを実装して、権限フェーズを別に設定可能にしておけばよいと思いました。
(承認公開権限を、MTオリジナルの「1,2,3,4,5」以外に「wf01,wf02」みたいな形で後から拡張可能にする)
多段階承認は、ソリューションの現場では要求が多いですが、実際にその規模のCMSを必要とする割合は高くないので、多段階承認は外部の会社に任せてしまっても良い気がします。

  • 承認依頼を送るユーザーを選べる
  • 承認依頼のメールがユーザーに飛ぶ
  • 承認者は、リンクをクリックすると、該当記事に飛ぶ
  • メッセージの履歴が確認できる

まであるとベスト。メッセージ履歴はDBにとっておくと良いかと思います。
ユーザー同士の簡単な掲示板をMTの中につくり、メールが飛ぶイメージですね。


■□ (5)バージョン管理

記事のバージョン管理。WordPressはすでに2.7から実装しています。MTも、サードパーティのプラグインでは存在しますが、MTオリジナルで持ってくれるとGood。商用CMSのように、CVSやSVNなどを利用してサイト全体のバージョン管理があればベストですが、とりあえず記事単体だけで もずいぶ
ん助かります。


とりあえず、実際に欲しい機能はこんな感じであります。

ツリー型による管理は、おそらく製品実装的にはそんなに難しくないことと思いますが、製品思想的に「ブログ」を目指すか「ウェブCMS」を目指すかで実装の有無が分かれる気がします。で、MTは出自が「ブログ」だったので、今まではなかった。

MTの次期バージョンが「CMS」を目指すのであれば、ぜひ実現を期待したいと思います。